妊産婦歯科健診のお知らせ

妊娠された方、授乳中の方へ重要なお知らせです!

虫歯菌を生まれてくる赤ちゃんに移さないためにも、妊娠中からお口の中を清潔かつ健康にすることが大切です。そこで、地区の保健事業では妊産婦の方々を対象に、無料で歯科健診を実施いたします!

豊島区から送られてくる受診券と健康保険証をお持ちいただければ、無料で受診いただけます。

お母さんと生まれてくるお子さまのために、この機会にぜひ歯科検診を受けましょう。

妊娠中や授乳中の方々のご健康をサポートするため、豊島区歯科医師会の歯医者さんが対応いたします。

お口の健康はお子さまの将来を左右する大切な要素です。早めのケアが大切ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

なぜ妊産婦健診受けないといけないの?

妊婦さんにとって、歯科検診を受けることは非常に重要です。なぜなら、妊娠中はホルモンバランスなどの身体の変化により、口内環境が悪化しやすいからです。さらに、驚くべき事実があります。「妊娠中には、好きなホルモンがお口の中にいる歯周菌が存在すること、ご存知でしたか?」

このような状態で虫歯菌や歯周病菌が体内に入り込むと、早産などのリスクが高まると言われています。妊娠中のお母さんが口腔ケアを怠ると、赤ちゃんの健康にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。

しかし、心配ご無用!妊娠中の歯科検診があなたと赤ちゃんを守る一助となります。専門の歯科医師がお口の中の健康状態を確認し、適切なケアやアドバイスを提供してくれます。

ぜひこの機会に、妊娠中でる好きなホルモンと戦うためにも、歯科検診を受けてみませんか?早めの対策で、お母さんと赤ちゃんの未来を守りましょう。

妊産婦健診受けるタイミングは?

妊娠中の歯科検診は基本妊娠されている期間、授乳中の期間ならいつでも受けれます。

一番ベストなタイミングは妊娠中期(妊娠5〜7カ月くらい)です。なぜなら、体調が安定し始め、お腹もまだ大きくなっていないため、受診しやすいからです。

妊娠初期や後期でも歯科を受診できますが、妊娠初期はつわりがひどかったり、流産の可能性があるなど、母体が不安定な状態です。また、妊娠後期はお腹が大きくなってきておなかをあおむけにするのがつらいかもしれません。

だからこそ、妊娠中期を狙って歯科検診を受けていただくことをおすすめします。お母さんの体調やお腹の状態を考慮し、快適な姿勢で検診を受けられるはずです。

お口の健康は赤ちゃんの健やかな成長にも繋がりますので、この機会にぜひ歯科検診をご利用ください。

豊島区妊産婦歯科健診が受けれる場所と期間

以下の医療機関で無料健診が受けれます。

 

R6年度妊産婦歯科健康診査実施医療機関